本文へスキップ

田園都市線、横浜線長津田駅最寄り、女性と小児鍼専門の女性鍼灸師のみなみ台鍼灸院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-307-5770

〒226-0018 横浜市緑区長津田みなみ台5-13-4

鍼療のご案内Information

鍼療内容 (完全予約制です)

経絡治療は、
お一人お一人の証に従って(随証療法)本来ご自身が
持っている生命力を高める東洋医学です。

鍼灸経絡治療を受けたことがなくて心配な方へ

鍼は柔らかい銀の鍼や、刺さない鍼、てい鍼も使います。
小児鍼には、小里てい鍼、円鍼、などいろいろな刺さない鍼があります。
これらの鍼は気持ちよくて、全く痛くありません、赤ちゃんも大丈夫です。
お灸も、心配されるような熱いものではありません。最上質の国産もぐさを半米粒大に捻り、灸点紙の上でお灸をしますから、ご安心ください~ニッコリマーク
直接お肌にもぐさを置きませんので痕がつくことはありません。


  
太さ0.16ミリの銀のはり小児鍼もぐさ

こんな方にお勧めします


生理痛、生理不順、不妊症、逆子

子宮筋腫、内膜症、冷え性、むくみ、冷えのぼせ

めまい、耳鳴り、片頭痛、眼精疲労、不眠症、

自律神経失調症、小児のチック

肌荒れ、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、

慢性鼻炎、花粉症等のアレルギー性疾患、

関節リウマチ、等の自己免疫疾患

便秘症、下痢症、、過敏性腸症候群、痔、

本態性高血圧症、低血圧症, 糖尿病

赤ちゃんの夜泣き、疳の虫、夜尿症、

腰痛、肩こり、肩関節周囲炎(五十肩)、膝痛

世界保健機構((WHO)の1979年見解では、
臨床経験に基づいた鍼の適応となる43疾患を挙げています。
(小児の近視、歯痛なども)

米国国立衛生研究所(NIH)は鍼が有効な疾病として、
成人の手術後の、あるいは、薬物療法時の吐き気や嘔吐、
妊娠時の悪阻、歯科の術後痛を挙げています。
(1998年2月最終版)

鍼療日のお知らせ11月の鍼療日のお知らせ

11月14日火曜と15日水曜は臨時休鍼いたします

11月25日土曜日はバース青葉カンガルーの会マタニティクラス
出講のため午後2時からの鍼療になります。

鍼療受付時間 (鍼療を受け付けるお時間です)

平日午前鍼療時間平日午前をご希望の方はこちら

午前9時~12時(月、火、水、金)

平日午後鍼療時間平日午後をご希望の方はこちら

午後3時~6時(月、火、金)

土曜日鍼療時間週末をご希望の方はこちら

午前9時~午後5時(土)

定休日 : 日曜、祝日、木曜日

費用

初診料金  2,000円 

初回の費用は(初診料金+鍼療費)です。


ご注意:
注1)お顔美容鍼のみの施術は致しません。
必ず、経絡鍼灸とのセットになります

鍼療費 5回券(注2)
一般(女性)
経絡鍼灸 3,600円 16,000円
お顔美容鍼(注1) 1,600円 7,500円
経絡鍼灸+お顔美容鍼のセット治療 5,200円
逆子の鍼灸(注3) 3,000円
安産のお灸 3,000円
小児はり(男女)
乳幼児 1,050円 5,000円
小学生 1,600円 7,500円
中高生  2,100円  10,000円

(注2)5回券
継続治療が必要な方、特に不妊治療,慢性疾患など高額医療費の負担をされている方にもお気軽に通っていただきたくて、大変お得な5回券をご用意させて頂きました。
そのため、この5回券は、ご本人様専用です。
有効期限は1年と長めに設定していますので、
どうぞお気軽にご利用くださいませ♪

(注3)逆子と診断された妊婦さんへ
鍼灸経絡治療で、妊婦さんの心身全体の体調を整えて、赤ちゃんが下を向けるように、
お手伝いをします。
お母様のおなかの環境によって、逆子の治療にかかる回数は異なります。
お灸を希望されない方には、
てい鍼だけを使って、逆子の治療を致しますので、
安心して、お越しください。
逆子と診断されたら、お早めにどうぞ、

お知らせですみなみ台鍼灸院の鍼灸治療費は、
所得税の確定申告医療費控除の対象となります

ご家族の一年の通院費を含む医療費の合計が10万円を超える場合に適用されます。
領収書は大切に保管してください。